マフラー選びで失敗する人は、エキパイの素材と特徴を分かっていない!?

リプレイスのパーツは色々なものが売られていて、純製品以上の高い性能を持ったパーツもあれば、テキトーに作られた粗悪品も存在します。
そのため、買って取り付けてからガッカリしないためにも、”ホンモノ”を見極める目とメーカーの狙いどころを見極める目が必要です。

そこでまずはエキゾーストパイプの素材の特徴を見ていきましょう。

最も普通な素材。といっても鉄と呼ばれる範囲は広く、バイクの機械部品に純粋な鉄が使われることは少なく、しっかりとした目的に合わせて、何らかの混ぜ物をして使用することが多いです。
ちなみに昔のエキパイはほとんどが鉄製で、フレームも鉄製ほとんどでした。

良い点 悪い点
安価
加工しやすい
錆びやすい

錆びやすいと言っても、焼き付け耐熱塗料やメッキなどで工夫をしています。
すぐに錆びてしまったという人は、コケて傷をつけてしまった人、手入れをしていない人などの場合が多いです。

アルミニウム

アルミも鉄と同じように様々な種類があります。
少し前からは鉄以上の強度を持つ物もあり、鉄に比べて圧倒的に軽量です。
そのため、スポーツなどの軽量化が求められているスポーツ車などによく使われています。
しかし、耐熱強度は低く融点も低いのため、エキパイの素材としてはあまり向いていません。

良い点 悪い点
とても軽い 耐熱強度が低い

ちなみにアルミは見た目には分かりずらいですが、白錆が出てすぐに錆びてしまいます。

ステンレス

鉄から生まれた耐熱不錆鋼です。
非常に錆びにくく、非常に硬い。
耐熱強度も鉄の2倍以上と高いので、エキパイにはもってこいの素材です。

良い点 悪い点
強度が高い
耐熱強度が高い
錆びにくい
膨張率が高く熱でゆがみやすい
比較的、溶接や加工が大変

ステンレスのエキパイは、熱が加わると黄金色に焼け色が付きます。
この黄金色の綺麗な焼け色にしたい人は、「曲げ加工をした後に、鏡面磨き仕上げ(ミラーフィニッシュ)をしたもの」を選ぶと良いです。
ステンレスは素材肌のままの物も多いですが、綺麗な焼け色を付けたいと思っている人は組みつけの前にバフがけが必要ですよ。

そして手曲げの場合にはバーナーで炙って曲げるので、虹色の焼け色が付きます。
この虹色の焼け色は綺麗なのですが、濃い灰色にまで焼け色が進んでいた場合、金属が良い状態ではないということは覚えておいてください。

ここで注意なのですが、ステンレスは膨張率が高いため、粗悪な作りの物は、膨張・収縮を繰り返していくうちに割れることもあります。
パイプの内側の溶接部に黒いぶつぶつが出ているのは、「割れやすい粗悪なエキパイ」なので気を付けましょう。

チタニウム

少し前からリプレイスエキパイの主流となりつつある、青色の焼け色がつく素材。
ステンや鉄と比べて軽量で錆びにくく、耐食性の高さはステンレスよりはるかに高いんです!
その反面、耐熱強度はあまり高くないので、熱を持ちやすい車のエキパイには不向きでした。
しかし、外気に直接触れるバイクのエキパイなら問題はありません。

比較的柔らかいので、曲げ加工はしやすいですが不純物を含むと溶接ができなくなるという繊細な性質を持っています。

良い点 悪い点
とても錆びにくい
比較的軽い
高価
比較的耐熱強度が低い

インコネル

エキパイの素材は数百度の熱に常にさらされている状態なので、耐熱強度が必要です。
ステンレスは非常に高い耐熱強度を持っていますが、その仲間にさらに高い耐熱強度を持っている特殊鋼が存在します。
それがこのインコネルです。
耐熱強度が高いため、さらに薄いパイプでも同じくらいの強度を得ることができます。
そのため、F1ではなんと0.4㎜のパイプを使っていたこともあった。
ちなみに、価格もそれなりに高いですよ。

見た目が気に入ってパーツを購入してももちろん良いとは思いますが、それを付けることによって悪くなる所をしっかりと知っておく必要があります。
どこが良くなるかよりどこが悪くなるかを考え、受け入れられるのかが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です