バイクが盗まれるのは自分のせい!?対策次第では盗難の確率がほぼ0%になる!!

タイトルではライダーの皆さんを触発するようなことを言いましたが、バイクが盗まれるのが本人のせいだなんてことは一切ありません。
バイクが盗まれた際に誰が悪いかなんて、盗んだ人に決まってますからね。

しかし実際に盗まれて辛いのは、当事者であるあなただけ。
盗難対策は警察ではしてくれませんし、自分自身でするしかないんです。
なので盗まれた責任は自分にしかないということをきちんと把握しておくべきです。

そこで、しっかりと効果がある盗難対策を紹介しようと思います。

盗まれる可能性がほぼ0%の対策

盗難対策に確実なことは無いのですが、ほぼ盗まれないようにする手段はあります。
それは家にバイクを置かないことです。

例をあげると、

  • 防犯会社と契約している屋内型賃貸ガレージスペースを利用する
  • 賃貸型のバイクガレージに置く
  • バイク用のコンテナボックスを借りる

などなど様々な方法があります。

これは盗難の確率は減りますが、毎月の出費が増えてしまうのは事実。
「バイクだけでお金がかかるのにそれ以上のお金をかけられない」という人もいるでしょう。

しかし、この考えこそが盗まれたあなたの責任と言える理由です。
盗まれたくないのであれば、それ相応の対策が必要。
そして対策にはお金がかかるものなのです。

ほぼ確実な盗難対策をしたいのであれば、屋内型のガレージを借りることをおすすめします。
そして防犯対策もしっかり行っていることは、もちろん確認してみてくださいね。
それにこのガレージには、専用ピットがある場所もあるのでバイクをいじりたい人にもおすすめです。

ここまでお話しましたが、実際問題でこれを借りれる人がどれだけいるのか分からないですよね…。

そこで、最後に自宅でやっておくべき盗難対策を紹介して終わろうと思います。

自宅でやるべき防犯対策

まずはバイクを目に見える場所に置かないこと

そもそも窃盗団は、バイクがない場所にはいきません。
そのため、目に見える場所にバイクを置かないこと。
もしくはバイクカバーなどで目に見えにくくする工夫を行うことが大切です。

キタコ ウルトラロボットアームロックで地球ロックする

このロックは、非常に頑丈なチェーンロックとして有名でなんです。
これを使って、動かすことのできないものと前輪・後輪共にロックしてしまいましょう。

イモビライザーなどアラームを使う

これも良い方法ですが、窃盗団に無力化されてしまう可能性もあるので、これがあれば大丈夫ということにはなりません。

このように対策はいくらでもあります、自分がどれだけバイクの盗難にお金を出せるのかしっかり考えてみてくださいね。

あと、集団で盗難される場合には、入念な下見があります。
そのため、以下のようなことが起きた場合には気を付けましょう。

  • バイクカバーがズレていた
  • 近くでは見かけない人がチラチラバイクを見て通り過ぎる
  • 普段見かけないワゴン車や軽トラなどが路駐している
  • 怪しい人がなぜか立っている、又は携帯で連絡している

最後に、バイクは非常に高い物ですし、カスタムやバイク用品を揃えるとなると、膨大な金額を注ぎ込んでいることになります。
皆さんの愛車が盗難されないように、自分で最大限の対策をすることが一番大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です