ダメなグリップの握り方。手のひらや手首が痛くなる人はこう握っている!

ツーリングなどの長い時間バイクに乗っていると、必ず付きまとう悩みが手の痛みではないでしょうか?

その原因として挙げられるのは、グリップの握り方。
もちろん、グリップ自体が悪いということもあるかもしれませんが、そこを変える前に自分の握り方を確認してみるのが良いかもしれないですね。

では、皆さんがどんな握り方をして手を痛くしてしまっているのか、見ていきましょう。

げんこつ握りが手の痛みの大きな原因

このげんこつ握りというのは、一般的に教習所などで教えられた人差し指と親指で輪を作り、それをグリップのつばに当てるように握る」というもの。
まぁ、普通にグリップを鷲掴みしているという事です。
この握り方はハンドルとの密着度が高まるので、良さそうなことに思えますが、エンジンの振動や地面からの衝撃が身体に伝わりやすくなってしまします。

ちなみに、手の角度がグリップと直角になっていると、それはもうげんこつ握りをしてしまっているという証拠になる。
こんな握り方では肘に余裕が生まれることはあり得ないので、肩も力みやすく疲れがたまりやすくなります。

以上のような握りでは、当然のごとく手が痛くなってしまいますよ。
そして、この握り方をすることでいくつものデメリットがあるんです。

げんこつ握りのデメリット

1.腕が窮屈になるので、ハンドルを押しやすい

脇が締まっている分、全面投影面積が少なくなるので乗車姿勢として正しく見えてしまいがち。
でも肩が力みやすく、予想外のハンドルの降られに対処できないので、危険性もあります。

2.指がかけにくくなるので、レバー操作がしづらい

レバー操作がしづらくなるのも大きなデメリットの1つ。
これはブレーキに限らず、クラッチレバーにも共通した問題です。
そのため、バイクの挙動がギクシャクしていると自覚がある方は、げんこつ握りをしている可能性があるかもしれませんね。

3.肘を下げないとスロットルを大きく開けられない

スロットルを開けるのには、肘を下げる必要があるというのがげんこつ握りのデメリットです。
腕の動きが無駄に大きくなってしまい、繊細な操作の妨げになっています。
疲れも大きくなることは言うまでもありません。

このように、手が疲れてしまうだけでなく、操作面などでも弊害が多いんです。

このような事柄を改善するため、げんこつ握りをしないように心がけましょう。

おすすめ記事:手が疲れるげんこつ握りはNG!バイクのグリップはこう握るのが正しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です